MENU

お金を借りる方法には消費者金融系と銀行系のカードローンがある

お金を借りる方法には

担保や保証人を用意することなくお金を借りる方法には、主に消費者金融系のカードローンまたは銀行系のカードローンの2種類があります。消費者金融系のほうが審査や融資までがスピーディーで急ぎでお金を借りたいときに適しています。速い消費者金融では最短30分ほどで審査結果を連絡してくるところがあります。審査に受かるまで待っている間は不安なものですが、基本的に当日中にすぐに審査結果がご連絡されるのです。銀行系のほうが審査に厳しく時間がかかりますが、金利が低くご利用限度額も高いので時間的に余裕のあるときに適しています。利息の出費は金利が低いほど少なくなるので、消費者金融系よりお得なお金の借り方が出来ます。消費者金融系も銀行系どちらもご利用限度額の範囲で何度でも繰り返しお金を借りることが出来るので、日常生活でたびたびお金に困ることがある方に大変便利です。借りたお金の使いみちは事業性資金を除いて原則自由です。住宅ローンや学資ローン、マイカーローン、リフォームローンのように予め借りたお金の使いみちは決められていないです。ブランドものなど欲しい品物を買っても良いですし、海外旅行の旅費にしても良いですし、趣味で集めているものに使っても問題ないです。

 

カードローンの審査

消費者金融系や銀行系のカードローンにお申込みされると必ず審査があります。審査ではお申込みされた方が借りたお金をきちんと返済できるかどうか、お金を貸せるだけの信用度があるかどうかチェックしています。審査項目はそれぞれ違いますが住所や氏名、生年月日、年収、他社からの借入額や借入件数、勤務先、勤続年数など様々です。カードローンの審査ではこれらの審査項目から安定した収入を得ているかどうかを重要視しています。安定した収入であれば、特に正社員でなくてもアルバイトの方でもパートの方でもご利用できることが多いです。勤続年数が短い方は、安定した収入を得られていないと判断されることがあるので、出来れば1年以上が望ましいです。他社から借入がある方は、借入額より借入件数を重要視しています。2件や3件ほどなら大丈夫でしょうが、5件以上あると審査落ちする可能性が高まります。借入件数が多い方は3件以内にまとめられたほうが良いです。過去に借入を延滞した実績がある方や、自己破産や個人再生など債務整理をした実績がある方も審査落ちする可能性が高いです。これらの実績は信用情報に登録されていて、お申込みした時の審査ではこの信用情報も参照しています。しかし永久に登録されたままではなく、一定期間が経過すれば削除されます。ですが延滞した金融機関、債務整理した金融機関に申し込んでも審査に受かる可能性は低いです。

 

カードローンの勤務先への在籍確認

消費者金融系や銀行系のカードローンの審査では勤務先への在籍確認があります。これはお申込者が申告した勤務先にきちんと在籍しているかどうかを調べています。このとき職場の人にお金に困っていると知られてしまうと心配される方が多いですが、消費者金融会社名や銀行名を名乗らずに個人名で電話をかけてくるので大丈夫です。お申込みされた方本人が不在でも勤務先の誰かが今は外出中ですとお答えするだけで、勤務先への在籍確認は終了します。しかし個人名で普段電話がかかってこない場合は、在籍確認だなと気づかれる可能性があります。その時はクレジットカードに申し込んだと言っておくと良いです。会社によっては社員個人への電話は取り次がないところがありますので、そのときは事前にお伝えしないといけないです。

 

カードローンの自動契約機

銀行系のカードローンは銀行と言う安心感がありますが、消費者金融と言うと不安を覚える方が多いです。しかし最近の大手の消費者金融では銀行グループの傘下として営業しているところが増えています。親しみやすいテレビCMも良く流れているので安心感が高まりました。大手の消費者金融では全国様々な場所に自動契約機を設置しているので、お申し込みからカード発行までその場ですぐに終了させることも出来ます。銀行系のカードローンの中にも消費者金融のような自動契約機を設置しているところもあります。お申込みしやすいので、誰にも会わずにお金を借りたい方はそういったカードローンを選ばれると良いです。

更新履歴