MENU

お金を借りる時は金利と審査のスピードを比べてみよう!

大きな買い物はローンを賢く組んでお得に購入する

車や住宅の購入をする場合には、多くの人は一括払いではなくローンを利用します。車は数百万円で購入できますが、土地や住宅は数千万円もするので、一括払いで購入出来る人物は相当な資産家です。将来的にそれだけの金額を得られても、現時点でそれだけ大金が無ければローンを組むしかありません。ローンは賢く組むことで利息を最小限に抑えて大きな買い物ができます。ローンを組むときに誰もが気になるのは金利です。金利が高ければ、結果的に返済する金額が大きくなります。ローンは便利ですが、結果的により多くのお金を支払うことになるのであれば利用は渋られます。出来るだけ低金利の金融機関のカードローンを利用することが大切です。銀行<信販会社<消費者金融の順で金利が高くなります。

 

銀行は審査が厳正に行われるので、それだけ金利を抑えることが出来ます。消費者金融の審査はスピードが取り柄であり、銀行よりも審査に通りやすくなっています。その代わり金利が高く設定されており、それぞれのリスクをカバーしています。

消費者金融はスピード審査が売り

消費者金融は基本的に最短で1日で審査が完了します。夕方に申し込んでもその日の内には審査は終わりませんが、朝に申し込めばその日の夕方には審査結果がわかります。お金が急に必要になった時には非常に助かります。300万円以下の借り入れであれば収入証明も不要である消費者金融が多いので、書類の準備に手間取ることもありません。

 

職場への在籍確認が気になる場合でも、社員証や収入証明などの在籍をしていることが確認出来る書類を提出すれば、職場への電話はされません。車や住宅の購入の際には、その会社が提携している信販会社のローンを利用することになります。しかし、必ず審査に通るかわからない上に、審査結果がわかるのが一週間後である場合もあります。信販会社の方が消費者金融よりも低金利ですが、ローンは短期間で返済することで金利の影響を最小限に留めることが出来るので、審査に通りやすいということを理由にして消費者金融を利用するのもおすすめです。

賢いカードローンの選び方

カードローンを利用する際のポイントは、目的別カードローンを利用することです。目的別カードローンとは、最初から目的が決まっており、それ以外の使い道は出来ないカードローンです。マイカーローンや住宅ローンなどがこれに当たります。近年では教育ローンと称して、大学の入学費や受験にかかる費用を貸出している場合もあります。

 

この場合は、金利はかなり低く抑えられているので、車や住宅の購入の際に勧められる信販会社のローンよりもお得に組めます。審査に通るようなステータスであれば、是非とも目的別カードローンを利用したいところです。目的が無いカードローンはフリーローンと称されており、目的別カードローンに比べると金利が高く設定されています。目的が無いので、貴金属の購入や高級インテリアの購入など自由に決められます。また、これらのカードローンを利用する場合には出来るだけ早期に完済することで、余計に支払うお金を減らすことが出来ます。

具体的な金利計算

30万円借入して年利10%で1ヶ月で返済するとすると。

利息の計算式
100万円×10%÷365×30=8219円となります。

 

1ヶ月で返済すれば利息は8219円ですが、1年かかって返済すると利息は100000円になります。これは非常に大きな差であるので、金額が大きくなれば更に金利の影響を強く受けます。出来るだけ早期に完済することを目標にして、返済計画を立てることが大切です。リボルビング返済では毎月の返済額を自由に設定出来るので、家計の負担を軽減することが出来ます。

 

お金を借りる